マテ貝掘り

令和6年5月25日(土)、久賀小学校の4名の小学生と保護者や地域の方がたによるマテ貝掘りが行われました。小学生はもちろん、初めてマテ貝を掘る大人もいらっしゃったので、皆さんがこの日を楽しみにしていました。
大人が2~3cmほど砂をかいて、小さな穴を見つけます。穴があったら、子供たちが塩を入れます。すると潮が満ちたと勘違いしたマテ貝が出てくるので、ひっぱりだしてゲット!タイミングをつかむまでは、マテ貝を引っ張り損ねることもありましたが、子供たちはすぐに要領をつかみ、上手にマテ貝を掘り出していました。
採ったマテ貝は2日ほど砂出しをして、バター焼きや佃煮などにしていただきます。
子どもたちにとって(大人たちにとっても)久賀の海で遊ぶ楽しさと自然の恩恵を感じられる貴重な体験になりました。これからも久賀の自然を堪能しながら楽しい経験をたくさんしてほしいですね。